眼精疲労におすすめのブルーベリーに含まれる栄養成分

ブルーベリーには、どんな成分が含まれているのでしょう。

一般的に、ブルーベリーは疲れ目に効くサプリメントとして有名ですが、効果はそれだけではありません。ブルーベリーが持っている成分で代表的なのは、アントシアニンになるでしょう。

アントシアニンはポリフェノールの一種で、生活習慣病や老化の原因になる活性酸素の除去をする力があります。眼精疲労の回復、整腸機能などの健康促進効果も持っています。

そして、ブルーベリーは、アントシアニン以外にも多くのビタミン類も含有しています。主にビタミンとしては、ビタミンAとビタミンEです。ビタミンAは、疲れ目、視力の回復、そして健康維持や美容の面でも効果があるといわれています。ビタミンEは、生活習慣病の予防、ガンの予防、心臓病、動脈硬化、脳卒中などの病気の予防にも役立ちます。また、血行促進や美肌効果にも、期待でるでしょう。

これ以外にも、ブルーベリーには、食物繊維やベータカロチンといった栄養素もあります。中でも、食物繊維はキウイやバナナなどより多く含有されていて、便秘の解消に効果的です。

ベータカロチンは、体内で不足したビタミンAの代わりの働きをします。ビタミンAが足りている場合でも、抗酸化作用で老化防止などにかかわります。

このように、ブルーベリーは一般的に言われている目の機能の効果以外にも、多数の健康や美容に役立つ果物です。